神社挙式について

神社挙式

神社での挙式の良さとは?
厳かな雰囲気の中で本格的な神社挙式を挙げられます。歴史ある神社での挙式は凛とした空気の中でどこまでも神聖で厳かです。日本の儀式に感動が広がります。また、初詣、子供のお宮参り、厄払いなど、式を挙げた後も日本人は折に触れて神社に足を運びますし、新しい生活を守っていただけるようにお願いしたりすることもできるのも神社での挙式の魅力のひとつではないでしょうか。
神社挙式の流れを教えてください

1.参進

巫女の先導により、新郎新婦、媒酌人、両親、親族の順番で神社へ向かい参道を進みます。

2.修祓の儀(しゅつばつのぎ)

斎主が入場し、典儀が式の始まりを告げます。身を清める儀式として、斎主による修祓(清め)のおはらいを受けます。

3.祝詞奏上(のりとそうじょう)

斎主が神に二人の結婚を伝えます。(修祓の儀は神前結婚式で最も重要な意味を持ちます)

4.三献の儀

三三九度の杯を交わし、夫婦の契りを交わします。飲み方は、一杯を三口で飲みます。

杯を交わす順番
小杯:新郎 → 新婦 → 新郎
中杯:新婦 → 新郎 → 新婦
大杯:新郎 → 新婦 → 新郎

5.誓詞奏上(せいしそうじょう)

新郎新婦は神の前に進み、用意された誓詞を読み上げ、神に愛を誓います。

6.指輪の交換

まず、新郎が新婦の左手薬指に指輪をはめ、次に新婦が新郎に指をはめます。

7.玉串奉奠

新郎新婦は神の前に進み、玉串をささげて、二礼二拍手一礼をします。新郎新婦の後に、媒酌人夫妻、両家代表者が同様に行います。

8.親族盃の儀

列席者全員がお神酒を飲みます。飲み方は、巫女の合図で三口に分けて飲みます。

9.斎主のあいさつ

斎主より祝福の言葉と、挙式の終了が告げられます。

神社での挙式を考えていますが、その前に見学は可能ですか?
はい、可能です。原則、ご新郎ご新婦ご本人たちには、1回以上は神社へご来社いただきまして、説明を受けた上でご予約していただくことになります。どちらの神社でも大抵午前9時から午後5時までなら本殿を見学することが可能です。弊社へ事前にご予約をいただければ、こちらから神社社務所に予約をお入れいたします。
挙式時間はどれくらいかかりますか?
約30分~45分くらいです。但し、神社によって式次第が多少異なり、所要時間が前後する場合もございます。
雅楽の生演奏はできますか?
はい、できます。神社によって、挙式料に含まれているか、もしくは別途費用がかかる場合もございます。
指輪の交換はできますか?
はい、式次第に含まれております。逆に、指輪の交換を行わない事も可能です。事前にこちらからもご確認させていただきます。
親族紹介は可能ですか?
はい、可能です。神社の式次第に入っているところも多いですし、入っていなくても当日弊社のアテンドが執り行います。
朱傘をさしての参進が希望ですが、できますか?
原則可能です。但し、神社によってはご用意が無い場所もございます。強いこだわりがあれば、可能な神社さんをご案内しますので、ご相談ください。
家族親族以外に友人の参列は可能ですか?
はい、原則可能です。但し、神社によってはご友人はご遠慮いただく場合や、最大所要人数の設定によって、人数制限もある場合がございます。
甥や姪など子供の参列も可能でしょうか?
はい、可能です。しかし、厳粛な神事になりますので、親御さまに付き添っていただき、他のご参列者へのご配慮をお願いいたします。また、神社さんによってはそのお子様の状況で退席いただく可能性もございますので、ご了承くださいませ。
列席者に車椅子の人がいるのですが、参列は可能ですか?
社殿内は段差がある場所や、畳の空間もございます。施設上難しい神社もございますので、ご理解ご協力をお願いいたします。
参列者がいない、二人だけの挙式は行っていただけるのでしょうか?
もちろん、可能です。但し、神前挙式はお家同士の安泰も祈願いたしますので、本来ご親族の方がご参列いただくことをお勧めしております。
神社挙式のみのプランもありますか?
はい、ご用意しております。水戸店のプロデュース以外は神社のみのプランもございます。姉妹店のアンシャンテでは挙式のみの方も多く、そこに当日お召しにならないドレスを前撮りするスタイルが人気です。
挙式料の支払いはどのようにすればいいですか?
挙式料は、神様へお供えをする「初穂料」となります。原則、当社のプランには5万円まではプランに含まれておりまして、事前にこちらから神社さんに現金にてお納めしております。ご自分達で熨斗等ご用意いただかなくても結構ですので、ご安心くださいませ。
挙式のリハーサルはありますか?
原則ございません。挙式の進行につきましては挙式直前に説明がありますが、リハーサルはございません。いきなりの本番にはなりますが、挙式中も斎主、巫女さんがサポートしてくれるので安心です。
挙式の仮予約はできますか?
神社によってできるところと、できないところがありますが、基本的には1週間の期間可能です。弊社にて仮予約と仮予約取消しをお受けいたします。
式の衣裳は白無垢ではなく、色打掛やお引き振袖でもよいですか?
白無垢は最も格式が高い礼装で、武家専用の花嫁衣裳です。色打掛はかつて、白無垢より格下の装いとされ、お色直しとされていましたが、現在では正礼装として同格に扱われています。また、お引き振袖は一般町民の中でも上流階級の女性の花嫁衣裳とされていた為、式に色打掛・お引き振袖も使用できます。
ウェディングドレスでの挙式は可能ですか?
原則可能です。実際にウェディングドレスで挙式をされたお客様もいらっしゃいましたので、ご安心くださいませ。
民族衣装での挙式はできるのでしょうか?
原則可能です。挙式を挙げる神社に確認をしますので、ご相談くださいませ。ご神前にふさわしい礼節をもった服装であれば問題ございません。
参列者用の衣裳はありますか?
はい、ご用意しております。弊社にはドレスショップが併設されていますので、お気軽にご相談ください。
参列者は何を着るのがふさわしいのでしょうか?
ご神前にふさわしい礼節をもった服装であれば、特に和服等である必要はございません。
妊婦でも和装は着られるでしょうか?
はい、大丈夫です。着物に関しては基本的には帯や紐で結んでいく細かな調整が可能です。事前に妊娠していることをお伝えいただければ、美容スタッフがおなかを避ける形でを調整して着付けをしたり、ご本人様に確認を取りながらお紐も調整できますので、ご安心くださいね。打掛は羽織るものですから、お腹に直接の負担はございません。
かつらは重いですか?
重さは約700gです。イメージとしてはちょっと重い帽子と思ってください。昔のかつら(約1kg)に比べれば非常に軽くなりました。
かつらのサイズは合わせてもらえますか?
事前にリハーサルを行い、ご新婦様に合うかつらを当日ご用意いたします。また、通常はオーダーという形で5万円ほどかかる事が多いですが、当社は自社でメンテナンスをしておりますので、2万円とリーズナブルです。またフリーサイズのものもございますので、ご安心くださいね。
参列者の着付けはできますか?
はい、お受けできます。但し、美容手配がございますので、お早めにご予約ください。
洋髪での挙式は可能ですか?
はい、可能です。かつらが苦手という方は洋髪でも良いですし、日本髪風に結うことも使うこともできます。また、洋髪に合わせた綿帽子もご用意していますので、ご相談くださいませ。
挙式中の写真は撮影できますか?
はい、撮影は可能です。但し、ご神前ですので立入禁止区域や撮影禁止の所作もございます。基本的には提携したカメラマン以外はお席からの撮影等、どうしても制限がございますのでご相談くださいませ。
家族・友人との写真は撮れますか?
撮影は可能です。但し、ご親族とご友人の位置づけは異なりますので、あくまでご親族の方々へのご配慮も必要です。また、挙式後は次のご披露宴まで時間が少ない場合もござます。お色直し等の時間を考えると、なかなかお時間が取れないこともございますので、事前にご希望をお聞かせ願います。
屋外での写真は撮影できますか?
はい、撮影は可能です。但し、境内には他の一般の参拝者もいらっしゃいますので、ご配慮いただけますようお願いいたします。弊社は少しでも多く、その記念のお写真を撮る為に早めに神社さんへ到着するようにスケジュール致します。
社殿内で撮影禁止の場所などはありますか?
はい、撮影禁止の場所はございます。神社によって立入禁止区域等が異なる場合がございますが、弊社スタッフが把握しておりますので、ご安心くださいませ。
親族の控え室はありますか?
はい、ございます。但し、一部の神社ではお部屋の数の関係で、ご利用いただけない場合がございます。
披露宴または会食のできる神社はありますか?
会館併設の神社ではお受けできますが、基本的に一般的な神社ではできない場合がほとんどです。また近隣の式場やゲストハウスのご紹介、レストランウェディングのプロデュースもできますので、ご相談くださいませ。
駐車場はありますか?
はい、ございます。駐車可能台数は、神社によって異なります。
国際結婚です。神社挙式は出来ますか?
もちろん、可能です。国際結婚カップルで神前挙式をされる方はたくさんいます。(圧倒的に新郎様が外国の方が多いです。)神前式は歴史も古く、日本ならではの挙式スタイルです。彼のご家族にも日本の文化を感じてもらえ、喜んでいただける方がとても多いです。お打ち合わせは最低1~2回は来ていただくようになりますが、それ以外はメールでのお打ち合わせでも可能です。今までもフランスや一番遠い方だとドミニカ共和国在住の方達のお手伝いもしておりますので、ご安心くださいませ。言葉が通じなくても挙式中はそんなに難しい内容はございません。
プロデュース会社にお願いするのと、自身でお申し込みをする違いはなんですか?
挙式内容に違いはございません。挙式には、レンタル衣装・美容着付け・写真・送迎等の手配が必要となります。それらを全てご自身で手配しなければなりません。プロデュース会社がお手伝いすると、必要なものはプランに入っておりますので、ご予算的にもお得な場合がほとんどです。また、当日新郎新婦になり代わり、ご列席者皆様のご誘導、親族紹介までお手伝いしますので、安心して挙式を迎えることができますよ。

神社挙式+披露宴

神社挙式後の披露宴会場を紹介してもらえますか?
はい、もちろんです!「和」に特化した結婚式をご希望であれば、水戸市「とう粋庵さん」「山口楼さん」での会食・披露宴プロデュースプランがございます。ホテル、ゲストハウス等結婚式場での披露宴希望であれば、県内約40会場式場紹介が可能です。お二人の希望に合った会場をご提案させていただきます。
料亭での結婚式、イメージがつきません。

料亭さんのいいところは何より料理が美味しいところです。和の落ち着いた雰囲気と美味しい料理でもてなす披露宴は、親族様から毎度好評をいただいています。ケーキ入刀等、一般的な演出は料亭でも行えます。フォトギャラリーをご覧ください。

→ フォトギャラリー

神社~披露宴会場までの移動が負担に思われないか不安です。
ご希望があればバスの手配が可能です。自宅近くからの送迎は勿論ですが、列席者様はまず披露宴会場にお集りいただき、そこから神社はバス移動を利用すれば負担はなくなります。
和の披露宴会場ではドレスは似合わないですよね?
そんなことありません。今までも和の披露宴会場でドレスをお召しになった方はいらしゃいました。ドレスの素材感やラインでイメージは全く異なりますのでご安心ください。また、和ドレスというのも人気です。着物を思わせるデザインのカラードレスは珍しさもありゲストの印象にも残ります。
披露宴は結婚式場を紹介してもらった場合、ウエセレが使えるのはどこまで?
ウエセレ×結婚式場様のコラボで挙式から披露宴までサポートさせていただく場合、簡単に言うと「披露宴会場に入るまで」がウエセレのお手伝い。「会場に入ってから披露宴お開きまで」が式場様のお手伝いになります。カメラマンや披露宴衣裳は挙式披露宴通してご利用いただけます!
  • スタッフ紹介
  • 花嫁学習帳
  • ウエセレからのお約束
スマホ向け表示